脱毛サロンとクリニックの違い

早苗です。
ムダ毛の自己処理は、概して肌に良くないということで今は脱毛サロンやクリニックで脱毛する人が増えています。

けど、意外と知られていないのが、脱毛サロンと医療クリニックでの脱毛の違いです。
そこで、簡単に説明してみますね。

まず、クリニックで行なう医療脱毛は、期間も短いので短期間でできる脱毛法です。また、クリニックということで、医師が診察や治療を行いますから、万が一の場合にも安心です。あと、限りなく永久脱毛に近い脱毛です。

逆に脱毛サロンの脱毛は、永久ではなく一時的な減毛というカテゴリーになります。厳密には永久脱毛じゃありません。

クリニックの場合は、全身脱毛完了までの施術回数が約5回程度ですが、サロンだと10~18回くらいかかります。これは脱毛機の照射パワーがクリニックで使うレーザー脱毛機の方がサロンで使う光脱毛機よりも強いから、短時間で脱毛できるわけです。

そのため、サロンの場合は、1回あたりの金額は安いけど、納得のいく脱毛まで、ある程度長期間通う必要があり、その分、お金もかかるわけです。

クリニックの場合は、1回あたりはサロンよりも高いけど、短期間で済むんですよね。
あと、クリニックには、脱毛の有資格者が施術してくれますので、安心です。レーザー脱毛は医療行為だから、資格がないとだめなのです。ちなみにサロンの場合は、レーザー脱毛はできないので、資格は必要じゃありません。

で、一番の違いは、使用する脱毛機です。脱毛サロンで行われるのは、光脱毛(IPL脱毛・フラッシュ脱毛など呼び方はいろいろあります)で、クリニックは医師がいるので、レーザー脱毛機を扱うことが国から許可されています。

ざっくりと言うとこういった違いがあります。
ただし、それぞれにメリットデメリットはあります。

通いやすさでは、サロンの方が営業時間も遅くまでやっていますし、土日の脱毛できますが、クリニックの場合は、平日だとせいぜい午後6時くらいで終わってしまいますし、土日はやってないことも多いですよね。

それにサロンは店舗数も多いですが、クリニックは数がまだまだ少ないです。

また、クリニックでのレーザー脱毛は痛みがありますが、サロンの光脱毛は痛みはほとんどないのでその辺も個人によって、好みが分かれるかと思います。

このようにそれぞれに違いがあるので、一概にどちらがいいというのは言えない部分もあります。

つまりは、どこで脱毛するのがいいのかというと、まずは急いで、1回だけでも脱毛したい場合や、部分脱毛などは格安でできる脱毛サロンがいいでしょうし、長期的に脱毛効果を得たいなら、医療脱毛の方がいいとも言えます。